永遠に外国人でいたい

思考ログと技術メモ

【仕事効率化】PC初心者だった僕が仕事スピードをあげるためにやった7つのハック

f:id:sawadashota:20160418201346j:plain

web業界に入って1年半経ちました。1年半前は「PCで打つよりも書いたほうが早い」とか「書くより話したほうが早い」と思ってたけど、1日中PCで仕事するようになると、少しずつPCの便利さを享受できるようになり、「ちょっとしたこと」にどこまでこだわれるか、この積み重ねが結果的に何時間という差になってくるんだなぁと感じるこの頃です。この1年半で「これをしたら早くなった」を備忘録としてまとめとこうと思います。

コミュニケーション系

1. メールを早く返す

メールを返すスピードが上がると格段に仕事の処理スピードが上がりました。社会人になりたてのころは「無礼じゃないか」や「的を得たことを言っているか」がわからなくて長い時間思い悩んだけど、相手がどんな答えを欲しているか、どこまで自分の裁量で判断していいかがわかってくると迷う時間がなくなった。「ハウツーじゃねぇのかよ!」って声が聞こえてきそう。

www.ttui.co.jp

2. Webメールを使う

ローカルのメールクライアントを使っていると、デバイスの変更に弱い。PCが変わっても、出先でもGmailのようなwebメールならログインすればすぐに見れる。でも、受信が遅いので、メールを多用する人はこの受信の遅さと上手に付き合う必要がありそう。

borderinc.co.jp

3. プロジェクト管理ツールでタスクを整理する

タスクを振るときにSkypeやメールを使ってたけど、BacklogJIRARedmineなどのプロジェクト管理ツールを導入すると、メモでは整理しきれないタスクを整理できるし、後から「あの時何をたのんだっけ?」も掘り起こしやすい。また、個人間のコミュニケーションから集団コミュニケーションになるので、いきなり担当者に休まれても引き継げる。でも、ただ使えば良いというわけではなく、下手なマネージャーが管理すると逆に情報がカオスになることもあるので注意。

www.tifana.com

ライティング系

4. Markdown記法でメモを取る

Wordは重い、コピペしてきたときにスタイル(フォントスタイルや背景など)も持ってきてしまうので非常にうざい。Markdownならプレーンテキストで書け、装飾もキーボードで完結するので進行の早い会議で議事録を書いても、ついていけるし、メモが苦手な僕でも後で見れるメモが残せる。記法を覚えなきゃいけないので、とっつきにくいかもしれないけど、パソコンでメモを取る頻度がまぁまぁ高いなら覚えて損はないし、みんなが覚えれば、せっかく書いたMarkdownファイルを他の形式にしなくて済むので、世界が幸せになると思う。

kojika17.com

Markdownでドキュメント共有

有料だけど始めやすいものたち。

Qiita:Team - みんなが手軽に書ける情報共有ツール

みんな大好きQiita。高いけど、使いやすいし、社内のコミュニケーションが進むならありだと思う。デザインがかわいいから好き。

esa.io - Expertise Sharing Archives for motivated teams.

値段はQiitaと同じくらい。Qiitaより優れている点は階層を作れること。アイコンが微妙に可愛くない。

Confluence - チーム コラボレーション ソフトウェア | Atlassian

Atlassian製のwikiサービス。JIRAを使ってるなら連携が良い。10人以内なら値段が優しい。

ローカルでMarkdownを使う

MacDown: The open source Markdown editor for OS X.

Mac限定だけど、軽量なMarkdownエディタ。本当に軽い。ショートカットキーでタイトルなど出せるので、最速でメモれる。

Kobito - プログラミングのメモやスニペットの記録に最適なMacアプリケーション

QiitaのためのMarkdownエディタ。本当はコードをメモるツールだけど、なんでもメモってる。Qiitaにメモを投稿できるし、URLを知ってる人だけに限定公開することも可能!名前がかわいい。windows版もある。

PC操作系

どれだけキーボードで完結できるかが早さに直結すると思うんですよ。

5. ショートカット

とりあえず基本的なやつのみ。Mac基準なので、Windowsは違うかも。

Mac のキーボードショートカット - Apple サポート

テキスト操作

ファンクションキーは設定を変更する必要があります。

【Mac】ファンクションキーの押し方とオススメな設定

  • Command + a = 全選択
  • Command + c = コピー
  • Command + x = 切り取り
  • Command + v = ペースト
  • Command + z = 操作取り消し
  • F8 = 半角カナに変換(日本語で入力時)
  • F10 = 半角英数字に変換(日本語で入力時)

ウィンドウ操作系

  • Command + w = タブを閉じる
  • Command + t = 新規タブ作成
  • Command + n = 新規ファイル
  • Command + f = 検索
  • Command + s = ファイル保存
  • Command + q = アプリケーションを終了する
  • Command + m = ウィンドウをしまう
  • Command + Control + f = フルスクリーンにする
  • Command + p = 印刷
  • Command + , = 設定

ブラウザ操作

ウィンドウ操作に加えて、ブラウザ特有のショートカット

  • Command + l = URLにフォーカス
  • Command + r = 再読み込み
  • Command + 数字 = 左からn番目のタブに移動(僕は一番目にGmailを開いてるので、Command + 1を特によく使います)
  • Command + Option + 左右キー = 今のタブから左右に移動
  • Command + Shift + n = シークレットモードを新規ウィンドウで開く(他人がログイン系のことをするときに、パスワードを記憶させたくないときに使う)
  • Command + y = 履歴を新規タブで開く
  • Command + Option + u = ソースコードを新規タブで開く(Webエンジニア向け)
  • Command + Option + i = 要素を検証(Webエンジニア向け)
  • Command + リンククリック = 新規タブでリンク先を開く

Gmail操作(ブラウザ)

  • c = 新規メール作成
  • C = 新規メールを新規タブで作成
  • A = 新しいウィンドウで全員に返信
  • F = 新しいウィンドウでメールを転送
  • Command + Shift + c = CCを記入
  • Command + Enter = メール送信
  • ! = 迷惑メールに分類する
  • # = メールを削除する
  • k = 新しいスレッドを開く
  • j = 古いスレッドを開く
  • p = 前のメールを開く(スレッド内)
  • n = 次のメールを開く(スレッド内)
  • u = スレッドリストに戻る
  • + =重要マークをつける
  • - = 重要マークをはずす
  • / = メールを検索

よく使うショートカット。Gmailを開いて```?````って打てばショートカット一覧が表示される。 気に入らない場合はカスタマイズもできる。

Gmailのキーボードショートカットを使ってメール確認作業を効率化する | ワークスタイル変革サービス【MasterApps】

6. Alfred

Mac限定。Spotlightの機能に加えて、数クリック必要だった操作をキーボードで一瞬で完結できる。無料でも使えるし、エンジニアなら有料版を買う価値があると思う。

Mac仕事効率化!Spotlightを完全に超えた神ランチャーアプリ「Alfred 2」の使い方とおすすめWorkflows10選。[Mac] | MacWin Ver.1.0

有料版限定だけど、Workflowっていう機能がすごい!Gitのリポジトリに一瞬で飛んだり、Evernoteのノート検索もできる。AppleScriptが書けるなら自分オリジナルのWorkflowも作成できてしまう。

[Mac] バージョンアップした Alfred2で使える、おすすめ Workflows まとめ20個。 « Appdrill

ハード系

7. メモリが大きいPCに買い換える

金がめっちゃかかりますが、メモリが大きさは仕事の早さに直結すると思っています。特に僕はPhotoshopやIllustrator、Chromeなどメモリをたくさん食うアプリを同時に使うからですが、4GBのMacBook Airから8GBのMacBook Proに買い替えたら、帰る時間が1,2時間早くなりました。