読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠に外国人でいたい

思考ログと技術メモ

今年の目標

「人間は生きているだけで素晴らしい」

それに耐えられない人種なので、

「なぜ生きてるの?」という問いに対して

常に自分なりの答えを持っていないとだめな僕の趣味は考え事をすることです。

ホーチミンから東京に帰ってくるとき、

自分にとって大事なことは

「どこで・誰と・何をするか」だと思ってました。

具体的には「海外で・誰かと・使う人を幸せにするシステムを開発すること」と据えていました。

でも、事象そのものには本質的な価値とイコールではないので、

「どんな状態を自分の幸せと定義するか」

今日からその状態を追いかけようと思います。

とりあえず、2つ。

  • 愛情的に生きること
  • 何かに打ち込み、突き詰めること(突き詰めた状態ではなく、あくまでその途中であり続けること)

おもしろいのは愛情的に生きるための1要素として、

自分がそれなりにお金を手にしないといけないということ。

(贅沢するためのお金ではなく、) お金のことを気にしないで普通の生活をすると、

どうやら段々に自分に向いていた目が周りにいくようになって、

愛情的に生きれるようになるらしい。

だけど、僕たちが思っているこの「普通の生活」というのが厄介で、

年収が日本では1000万、ベトナムなら500万くらい必要らしい。

まったくつながりのない人たちが、

自分の理想の生き方をしている人たちが、

口をそろえてそう言っていたのできっと、そうなんだろう。

お金を気にしないようになるためにはお金が必要なんだって皮肉な話ではありますが。

しかし、ここで問題発生。

今の僕にとって、プログラミングこそが休日も没頭できることなんだけど、

残念ながら自分がエンジニアとして1000万プレイヤーになることは現実的ではない。

だから、王道なのは「技術もビジネスもわかる人材」になることだと思うんだけど、

それは「 何かに打ち込み、突き詰めることと両立できなくない?」ってなるわけで、

競合しているこの問題たちをどうバランスを取っていこうかというのが今後の課題。

とはいえ、現時点ではエンジニアとして研鑽していくのは、

間違っていないと思う。

だから、今年の目標はこの問題に対する回答が見えるとこまで、

エンジニアとして進むこと、としようと思います。

遅ばせながら、今年もよろしくお願いします。